ウエディング 衣装の数

スタイリスト

結婚式は花嫁が人生の中で輝く日の1つと言っても過言ではありませんし、普段着ることの出来ないドレスを堂々と着れるとあってか、気持ちが高まり披露宴ではウエディングドレスの他に衣装を何着も着たがる花嫁さんもいますが、それではウエディングを成功させることは難しくなります。

披露宴は結婚する2人を披露する場でもあるため、友人や親せきだけでなく会社の同僚や上司なども多く出席することは珍しくありません。その際に衣装チェンジを何回もしてしまっては着替える時間も含めれば時間を大きく使ってしまい、花嫁さんのいない披露宴になってしまう結果につながります。好きな衣装を何着も着ることの出来た花嫁さんは満足でも、その場に招待されたゲストは放っておかれた感じが否めなく不満の残る披露宴になることもあります。

双方の不満を残さないためにも2~3時間程度の披露宴であれば、お色直しは2回程度にしておき、特別なドレスや着物を選ぶ楽しみを提供することも大切です。

ウエディングプランナー ドレス選択

ウエディングプランナーという仕事は想像だと煌びやかで優雅な仕事に思えますが、実際のところ、体力消費量も多く非常にハードな職業です。なぜなら、仕事内容が多岐にわたるため、休む暇があまりないから。しかし、担当した新郎新婦の結婚式が最高の物になると喜びは一入ですし、その分、充実感も他の仕事より得られます。

そんなウエディングプランナーにとって、新婦のドレス選びも当然仕事内容の一つです。新婦のドレス選びは、ウエディングプランナーにとって非常に難しい場面となります。

頼りになるウエディングプランナー

新婦が希望しているドレスと新婦の体型や顔が合えば問題はないのですが、人によっては明らかに合わないケースがあります。そういった場合に、上手く似合う一着を提供しなければいけません。

この場面で成功するコツは、とにかく否定をしないこと。それと同時に、客観的に見て他の似合いそうな一着をすすめることです。すすめる際は「こちらの方がより美しいラインとなる」などのプラスの意見を織り交ぜるようにしましょう。

そうすれば、新婦の方からすすんでそちらを選んでくれるはずです。